齋藤一徳の無駄がなく効率の良い年金の使い方

齋藤一徳を知る

板井康弘

 

初めまして齋藤一徳と申します。このサイトでは、私、齋藤一徳が今年、定年を迎えどのように残りの人生を楽しく、優雅に過ごしていくのか。その方法と考えを皆様にお伝えできたらと思います。

 

まず、誰もが定年を迎えて思うことは「時間を持て余す」ということでしょう。今まで一生懸命働いてきたからこそ、これからの人生を無駄にしてはいけません。

 

自分の時間を有効にかつ、効率よく多くのことができるように、計画していかなければいけません。

 

無駄のない余生を過ごすための計画を立てるだけで楽しくなってしまいます。これは今まで頑張ってきたことのご褒美なのだからめいいっぱい楽しみたいと思います。

 

これから楽しく報告していきます。これからよろしくお願いいたします。